43edf14711deed1601750ad1930c2266_m豊胸手術と聞いて不安を思えるかもしれません。

危険なもの体にメスを入れたり、豊胸手術費用が高額や医療ミスにより

左右の乳房の形が変形とイメージをお持ちかと思います。

豊胸手術を正しく理解していただける内容になっています。

 

豊胸手術とは、乳房を早く大きくし形を整える手術のことです。

主に外観上の美容目的の手術にこの名称が使われています。

個人差によって乳房の形や豊胸に関する要望は様々ですが、

女性にとって色々な悩みを持っておられる方も多い部位です。

 

 

早く豊かな胸にしたい、左右の大きさを揃えたい、

授乳後のバストのハリやボリュームを取り戻したい、

谷間を作りたい、丸みを帯びたバストにしたい等、

胸を大きくするサプリやバストアップマッサージも人気がありますが、

もっと効果を求めておられる方や効果が出なかった方には

簡単に 豊胸手術で願いが叶いますので多くの女性が経験されています。

 

 

豊胸手術の方法には細分化すると色々と分類されますが、

概ね大きく分けると3種類に分けられます。

昔から行われている豊胸手術法として

有名なバッグプロテーゼ挿入法 (シリコンバッグ挿入法)や

SUB-Q(サブキュー)と呼ばれるヒアルロン酸を

注射器で注入して形を整えていく、メスを使わないプチ豊胸術、

自分の皮下脂肪を吸引後に良質脂肪に分離して

バストに注入する 脂肪注入法などと呼ばれている方法があります。

 

 

バッグプロテーゼ挿入法(シリコンバッグ挿入法)は、

シリコンバックという人工乳腺を脇の下の部分を切開し入れる方法ですが、

乳腺下法と大胸筋下法と大胸筋膜下法の3つの方法があり

個人差に合わせた方法で挿入します。

 

 

プチ豊胸手術は、ヒアルロン酸を注射で注入するだけの手術なので、

メスを使わないため傷跡が残らず簡単にサイズアップをすることができる方法です。

脂肪注入法などと呼ばれている方法は、

まず気になる部分の脂肪吸引をしてから、

その脂肪をそのまま注入するのではなく良質脂肪に分離し、

生成して胸に注入していく方法のことです。

 

脂肪注入法には、他にもコンデンスリッチ豊胸・PRP脂肪注入法・

セリューション豊胸・ピュアグラフト豊胸と呼ばれている方法があります。

どの方法にしても、メリットとデメリットはありますので、

よく美容整形外科の医師に相談されてより自分に合った手術方法を

選ぶと良いでしょう。豊胸手術とは早く時間をかけず確実に バストアップする方法です。

 

>> おすすめクリニックはこちらをクリック豊胸手術バナー