豊胸手術の種類には、たくさんの手術法があります。

豊胸手術2 概ね大きく分けると、バッグプロテーゼ挿入法(シリコンバッグ挿入法)

・プチ豊胸術(ヒアルロン酸注入法)・脂肪注入法の

3種類に細分化されます。

バッグプロテーゼ挿入法とは、シリコンバッグ挿入法とも呼ばれ豊胸手術の中では

最も昔からの豊胸手術としてあり、シリコンバッグ(人工乳腺)の形や大きさや、

バッグの中にいれる種類によって色々あり理想のバストの形と大きさを目指せます。

 

 

美容整形の豊胸手術は心配がなのか?

美容整形で細心の注意を払うのは体に異物のシリコンバッグ(人工乳腺)を

入れるため 危険度も昔に比べると格段に進歩して

安心して豊胸手術を受けられるようになっています。

 

シリコンバッグの中身は、昔から使われている生理食塩水バッグやシリコンバッグから、

最近は進化したバイオセルバックやコヒーシブシリコンバックやクリスタルバックや

CMCバックが使用されることが多いです。

 

 

豊胸手術にはメスを入れない方法も

SUB-Q(サブキュー)と呼ばれるヒアルロン酸を注射器で注入して形を整える、

メスを使わない胸のプチ整形手術、またはプチ豊胸術とも呼ばれていて、

簡単に1カップぐらいを上げたい方にお薦めの方法です。

 

また脂肪注入法と呼ばれる、お尻や太ももやお腹周り等の

気になる箇所の脂肪を取り、 それをバストに注入する方法です。

搾取した脂肪はそのまま注入するだけではなく、 良質に分離して

良質脂肪を注入する脂肪注入法の生着率によって3種類あり、

PRP脂肪注入法・コ ンデンスリッチ豊胸・セリューション豊胸です。

 

 

1カップ程度ぐらいしか上げられませんが、自分の脂肪ですので拒否反応や

アレルギーの心配は少なくてすみます。自分の希望に

合ったバストになるには どの方法がいいのか、

 

美容整形の医師に希望内容を詳しく伝えて自身の今の

バストでどの豊胸手術が適しているのか 後悔しないように最初に確認しましょう。

 >> おすすめクリニックはこちらをクリック

豊胸手術バナー