豊胸術には、概ね大きく分類すれば、

バストアップ1-1バッグプロテーゼ挿入法(シリコンバッグ挿入法)・

脂肪注入法・ ヒアルロン酸注入法の3種類があります。

いずれの方法にしても豊胸の形の持続性は、永久的ではありません。

それぞれの方法でメンテナンスが必要になることを知った上で

決断されることをオススメします。

 

まず、バッグプロテーゼ挿入法は、脇の下にメスを使用して

シリコンバッグなどの異物を挿入する方法で、

アレルギーや後遺症の心配があり、アフターケア等も必要になります。

 

けれど豊胸の形の持続性は、他の2つの方法に比べて、

一番長持ちする 可能性は高い方法です。

費用は他の2つに比べて高いですが、 持続期間が最も長い為、

他の手術よりリーズナブルになるとも言えます。

 

脂肪注入法の場合は、気になっている部位の脂肪を吸引して

バストに注入し、 乳房を形よく大きくしていく方法でアレルギーの心配はありません。

ただ徐々に注入した脂肪が体内に吸収されてしまうため、

豊胸の形の持続性は数年程と言われ、以前の胸に戻ってしまう可能性が大きいです。

 

 

SUB- Q(サブキュー)と呼ばれるヒアルロン酸は、

アレルギーの心配も無く、痛みが少ないことやダウンタイムが

ほとんど無い為、他の方法に比べて1番手軽と言われている豊胸術です。

 

しかし、ヒアルロン酸がいずれ体内に吸収されてしまいますので、

バストが元に戻るのも早いとされていてバストの形の持続性は

他の2つと比べて短いです。

 

昔に比べて持続性は長くなりましたが、1年から2年ぐらいとされています。

ただ施術時間も約30分前後と短いですし、

アフターケア等の手間が かからないためこのプチ豊胸術が人気です。

 >> おすすめクリニックはこちらをクリック豊胸手術バナー