理想のバストを夢見ながら簡単に安くできる

43edf14711deed1601750ad1930c2266_m方法がないか考えていると思います。サプリ・マッサージとありますが

時間をかけて理想のバストにならないこともあります。

時間をかけず少し費用はかかりますが確実にバストアップが、

できて理想に近い形を手にすることができる豊胸手術。

豊胸手術で挿入するバッグ(人工乳腺)法の種類には

何種類かあります。安心して体に害がないものなど。

 

 

具体的にどういうものがあるかというと 生理食塩水バッグ・シリコンバッグ・

バイオセルバッグ・ コヒーシブシリコンバッグ・ソフトコヒーシブシリコン・

クリスタルバッグ・ハイドロジェルバッグ(CMC)・

メモリージェルバッグ(エリートジェルバッグ)・

ベッカータイプバッグというものがあります。

 

バッグの形は大きく分けて

ラウンド型(おわん型)と理想の形のアナトミカル型(釣り鐘型) と

アンシンメトリー型バッグと言って左右非対称のリアルタイプと3のタイプがあります。

 

表面加工状態は、従来から使われている

スムースタイプ(表面がツルツルとした加工タイプ)と、

最もよく使われているテクスチャードタイプ(表面加工にざらざら感)の2種類あります。

テクスチャードタイプが最近人気なのは、

手術後の乳房マッサージもほとんどの場合 必要ないからです。

 

 

 

【バイオセルバッグの特徴】

シリコンジェルをバリアコートと呼ばれる3層構造のバッグに封入してあるため、

破損や中身が漏れるリスクが低くなり、耐久性と安全性にも優れていて、

FDA(アメリカ食品医薬品局)の許可も受けている。

これは自然な乳房の感触に近いから 人気のあるタイプです。

 

 

 

【コヒーシブシリコンバッグの特徴】

粘性の高いシリコンジェルが封入されていることです。 また構造は、

バイオセルバッグと似ていて、万が一バッグが破損しても

内容物が漏れない ように作られていて安全性に非常に優れています。

封入されているシリコンが硬いというデメリットがありますが最近では柔らかな

ソフトコヒーシブシリコンが開発され人気があります。

 

 

 

【クリスタルバッグの特徴】

生理食塩水バッグのデメリットを改善したもので、コヒーシブシリコンより

柔らかい感触が特徴です。 内容物は生理食塩水バッグと同じものですが、

万が一破損しても中身は漏れにくい構造に なっていて、

例え漏れても体内へ吸収されるため安全です。

 

 

 

【CMCバッグの特徴】

CMC(カルボキシルメチルセルロース)という食品にも含まれる成分と、

生理食塩水を混ぜたものを封入してある豊胸バッグです。

ハイドロジェルバックの改良型で、ハイドロジェルバックよりも安全性が高く、

見た目や感触、つけごこちなどが更に良くなっています。

 

 

主な豊胸バッグを挙げましたが、コレ以外にも種類があり、

自然なバストに仕上がるようにサイズもいくつか用意されていますので、

安全性をしっかりと確認し自分に合ったものを選びましょう。

 >> おすすめクリニックはこちらをクリック豊胸手術バナー