脂肪注入のダウンタイムについてここで紹介は5種類

43edf14711deed1601750ad1930c2266_m豊胸手術の脂肪注入のダウンタイムその他にもあります。

個人差や施術内容によっても違います。

脂肪注入のダウンタイムとは、 脂肪注入法・コンデンスリッチ豊胸・

セリューション豊胸・PRP脂肪注入法・ ピュアグラフト豊胸などは、

自らの脂肪をメスを使わない施術で吸引し、

 

バストへ注入する方法のため、シリコンバッグ(人工乳腺)などの

異物を身体に 入れないのでアレルギー反応や

後遺症も少ないとされています。

 

施術時間は2時間~3時間ぐらいかかります。 シャワーは3日後から可能で、

1週間はバストを医療用テープでガードの状態です。

ダウンタイムについて、まず脂肪吸引箇所(ヒップや太ももなど)は、

1~2週間は筋肉痛のような痛みや内出血や腫れや皮膚が硬くなります。

 

これらの症状は、時間とともに治まってきますので心配する必要はありませんが、

ハンドマッサージやマシンでのアフターケアで回復力がアップします。

 

 

バストの脂肪注入箇所のダウンタイムは、2~3週間ぐらい腫れや

内出血などの 症状が出ますがこちらも徐々に治ってきます。

 

ただ個人差や施術内容によってもダウンタイムも脂肪の

定着率も変わってきます。 脂肪がしっかり定着した場合は、

自然なバストが作られますが、時と場合により術後に

しこりやデコボコが出来てしまう恐れがあります。

 

その原因は、不純物が混ざったものが入った時や、

許容量を越える脂肪を注入した時などが考えられます。

こうなってしまった場合、修正する必要がありますが、

施術を受ける前に後々後悔しないよう、 手術内容や術後の

ことについてもしっかり医師と話し合うようにしましょう。

 >> おすすめクリニックはこちらをクリック豊胸手術バナー