豊胸手術を受けることによって、乳がんになるのではないかなと

豊胸手術6不安に思ってしまわれている方も多いと思いますが、

豊胸手術が原因になって乳がんになるということは

ないと言われています。

現在の統計では、女性の15人に1人が乳がんを

患ってしまっている時代です。 ただ30歳以上の女性は、

乳がん検査を一年に 一回受けられることをオススメします。

 

 

 

 

乳がん検査には、マンモグラフィ

・視触診+マンモグラフィ・超音波検査があります。

豊胸手術を受けられている方の乳がん検査ですが、

バッグ(人工乳腺)法の場合は 手術内容によって、

マンモグラフィと 超音波検査はお断りされてしまうことがあります。

 

入院などで検査をする場合にバッグ挿入が、

知られてしまうといったデメリットがあります。

手術をされる前にそのあたりのことを医師に

確認されておかれることがいいでしょう。

 

まず、マンモグラフィ検査は、乳房を強く圧迫した 状態にして

レントゲンを撮りますので、

シリコンバッグ(人工乳腺)挿入法(バッグプロテーゼ挿入法)

の場合、シリコンバッグが破裂する危険性があるからです。

 

ヒアルロン酸は、レントゲンに写ることはありませんが、

ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法によって、

しこりなどができている場合などは、

超音波検査で誤診する可能性があるため、

検査を受ける際事前に申告しておきましょう。

 

>> おすすめクリニックはこちらをクリック豊胸手術バナー