豊胸手術を選びは秘密にしたいから人に聞けない。

豊胸手術6まして友達に相談できないし、母親に相談も悩む。。。

豊胸手術で失敗はしたくない?

豊胸手術の手術の方法には、たくさんの手術法があります。

大きく分けると3つに分けることができます。

 

・バッグプロテーゼ挿入法(シリコンバッグ挿入法)

・プチ豊胸術(ヒアルロン酸注入法)

・脂肪注入法

この3種類に細分化されます。

 

女性は年齢によるスタイルやカラダの悩み

もっともカラダの悩みで多い部位が胸の大きさや形と左右のバランスです。

豊胸手術をしたいけどどこの美容整形のいる医師がいる病院に行けばいいのか

分からないという女性のために、美容整形外科の選び方と豊胸手術について。

>> おすすめクリニックはこちらをクリック

 

 

 

あなたに合う安心できる豊胸手術はどれ?

豊胸手術3豊胸手術を受けるならどの美容整形外科に行けばいいの?

安心でき信頼のおける美容整形の医師がいる美容整形病院。

豊胸手術はあくまでも整形手術です。

 

 

豊胸手費用が安いからなどと安易な考えで美容整形外科を選んではいけません。

これから豊胸手術をしようと思っている人は、

「どの美容整形外科でどの豊胸手術を受けるか」というのがとても大事。

例え理想の医師に出会えたら、美容整形の医師に希望内容を詳しく伝えて

自身の今のバストでどの豊胸手術が適しているのか

後悔しないように最初に確認しましょう。

 

 

 

豊胸手術の手術の方法には、数多くの手術法があります

大きく分類すると3つに分けることができます。

・バッグプロテーゼ挿入法(シリコンバッグ挿入法)

・ヒアルロン酸注入法(プチ豊胸術)

・脂肪注入法

 

 

1.バッグプロテーゼ挿入法(シリコンバッグ挿入法)

■インプラントバックを胸の乳房に挿入。

バッグプロテーゼ挿入法やシリコンバッグ挿入法とも言われます。

インプラントにはたくさんの種類があり、最近では耐久性や安全性が

飛躍的に向上しています。

 

 

■スタンダードだがデメリットも多い。

・最も理想のサイズ・形に近付ける豊胸手術

・破損の可能はあるので保証が充実しているクリニック

・サイズはバッグに依存するので明確なバストアップが可能!

 

2.ヒアルロン酸注入法(プチ豊胸術)

■ヒアルロン酸を乳房に注入する。

主に注射でヒアルロン酸を注入するのが豊胸手術の主流。

胸に傷跡が残る心配がないので水着も安心と、安値で手軽なのがメリット。

初めての豊胸で気軽に試してみたい人におすすめの方法です。

 

■プチ豊胸術のデメリット

・術後の痛みがなく気軽に豊胸ができる

・体内に吸収されるので持続期間は約3ヶ月

・しこりとなる可能性はやや高め、ただしその分安値!

 

 

3.脂肪注入法

■ダイエットしたい部位の脂肪を吸引して胸に注入

基本的に自分の体の気になる部分のどこからでも脂肪を取ることができるので、

バストアップと同時にシェイプアップもできるのが脂肪注入法のポイント。

 

■見た目通常のバストとほとんど変わらない!

・不自然な硬さがなくレントゲンにも写らない

・感触も動きも通常のバストとほとんど同じ

・バストアップとダイエットが同時に可能

 

 

 

豊胸手術の失敗例!安さだけで決めないで

胸の悩みを持つ人は多く、豊胸手術は顔の美容整形に次いで多くの女性が利用しています。

一方で医師の経験不足などの問題により豊胸手術を失敗するケースも多発しているようです。

豊胸手術には注意すべき点がたくさんあります。メリットだけではなくデメリットも含めて

理解することから始めましょう!

>> おすすめクリニックはこちらをクリック

豊胸手術バナー